SwiftDemandがトークンセール開始!購入・入札方法は?

シェアする

ベーシックインカムの仕組みを目指すSwiftDemandが、正式にトークンセールを開始します。

これは、SwiftDemandが正式に仮想通貨になったとも言えますし、ICOと同じような動きをしているので、見逃せません。

今回は、SwiftDemandのトークンセール情報と、購入方法(参加方法)をご紹介します。

トークンセールの概要

  • 開始日:2018年4月8日
  • トークンセール会場:https://www.swiftdemand.com/tokensale
  • ホワイトペーパー:こちら(英語のみ)
  • 発行量:200,000,000(2億Swift)
  • 最低参加価格:0.1ETH(0.1イーサリアム)から
  • アメリカ、中国、シンガポールの市民は参加できない

トークンって何?という方は、こちらの記事を参照▽

ERC-20とは?【ICOやトークンの仕組みがよくわかる!】
ICOのホワイトペーパーなのでよく見る「ERC-20」。仮想通貨をもっとよく知って安心な取引をしたい方は、この記事でERC20についての理解を深めてくださいね。

購入方法

  1. SwiftDemandに登録します
  2. KYC(本人認証)の申請をします
  3. 逆オークション形式で入札します

SwiftDemandに登録します

SwiftDemandへの登録方法は、こちらを参考にしてください。

Swiftdemandで仮想通貨の世界を無料体験!登録方法と今後の価値予想
仮想通貨を無料でもらえる…。 そんなウソのような話なのですが、海外のSwiftdemandというサービスを使うと実現できます。仮想通貨...

KYC(本人認証)の申請をします

SwiftDemandの公式サイト上のメニューバーから、TokenSaleを選択します。

SwiftDemandのトークンセール会場

KYCとは、「Know Your Customer」の略語で、本人認証や顧客確認の意味です。

日本でも、銀行口座を作る時に免許証などで本人の情報を確認しますが、KYCは同じように「仮想通貨」というお金を正式に取り扱う時に必要です。

SwiftDemandのKYCフォームはそこまで難しくないので、以下の対訳画像を参照して入力してください。

swiftdemand-tokensale

この辺りまでは問題ないかと思います。

しかし、この後の入札方法がわからない方が多そうです。私もその一人^^;

トークンの購入フォームが謎

KYCを申請してから、「Lock In Commitment」という項目が出てきます。これが分かりづらい。

Lock In Commitment

よく調べてから早急に追記します。(2018年4月8日午前7時)

Dutch Auction(ダッチオークション)とは?

SwiftDemandのトークンセールは、ダッチオークション、つまり「逆オークション」で販売されます。

逆オークションとは何かというと、「売り手が最初高値でオークションをはじめて、だんだんと値段を下げていき、買い手がついたところで終了する取引方法」です。

SwiftDemandの販売を、このダッチオークションの形式で考えると、

  • 最初…1ETH=5,000SFT(Swift)
  • 次…1ETH=5,500SFT(Swift)
  • 次…1ETH=6,000SFT(Swift)

こんな感じで、1ETHあたりで取引できるSwiftの数値がどんどん大きくなっていくということです。

いつ・いくらで買うのがオススメ?

ダッチオークションの仕組みについて書いてみましたが、この方法で仮想通貨を販売しているパターンをあまり見かけないので、当然のようにギモンが出ると思います。

  • 1ETH=何SFTが買い時なの?
  • 1ETH=初期価格5000SFTで買うと損じゃない?

という質問ですね。少し面白い仕組みになっているので、詳しく解説しますね。

まず、SFTの販売総量は2億SFTなので、売り切れてしまってからは購入ができません。それで、買うのは早い方がいいのは当たり前です。先行者利益というモノですね。

でも、「早く買いすぎると、1ETHで5000SFTしか買えないから損しているんじゃ…」とも思いますよね。ここで考えたいことは、

今回購入したETH:SFTの価格レートで将来も取引が行われる

ということなんです。

どういうことかというと、早く購入する人は1ETHあたり5000SFTしか買えないかもしれません。しかし、たとえばダッチオークションで時間が経ち1ETHあたり50000SFT(10倍)で買った場合は、将来50000SFTが1ETHにしかなりません。

最初は1ETHでたくさんのSFTがゲットできた!と喜べるのですが、将来的に、あれ?50000SFT持っているのに1ETHにしかならないのか…。となるわけです。

逆に、早期購入で1ETH=5000SFTで購入した人を考えてみましょう。ベーシックインカムの仕組みでSFTが増え続け、所持Swiftが50000SFTに達した時、1ETH:5000SFTの割合で取引できるので、50000SFTは10ETHになります。

よくできた仕組みだとは思いますが、どっちを取るかは購入者次第ということですね。

実際にSFTをETHで購入する

それで、こちらが決める必要のあることは

  • 何ETHを支払うのか?(必須)
  • 1ETHあたり何SFTなら買うのか?(オプション)

ということになります。これを、先ほどのフォームに照らし合わせてみてみるとこうなります。対訳を参考にしてくださいね。

SFTのトークンセール

  • Ethereum Address
    • あなたのイーサリアムウォレットのアドレス
  • Contribution in ETH
    • ETHをいくら分支払うか。最低0.1ETH,最高30ETH
  • I only want to purchase if the price reaches a specific number.
    • この項目のチェックはオプションです。(必須ではない)
    • この項目にチェックすると、1ETH=●●SFTになった時に購入、という条件が付けられます。
    • たとえば「10000」と入力した場合は、逆オークションで1ETH=10000SFTになった時に購入ということになります。
  • I confirm that have I have the private key to this wallet. I understand that I will lose the entirety of my contribution if this is not true.
    • イーサリアムを送金する際に、プライベートウォレットから送金することに同意します。
    • たとえば、ZaifやbitFlyerなどのウォレットからの送金は厳禁です。
    • マイイーサウォレットなどから送金してください。
    • 詳しくはこちら⇒はじめてMyEtherWallet(マイイーサウォレット)を使ってみた
  • I have read and agreed to the token sale agreement, terms of service, and privacy policy.
    • トークンセールの同意書に同意しました。

SwiftDemandのトークンセールは、よくあるICO販売と似たような行程です。

守らなければいけないのは、必ずマイイーサウォレットなどのERC-20対応のウォレットから送金することです。日本の取引所から直接イーサリアムを送金は厳禁です。送金した分のイーサリアムが消失する可能性があるので、絶対にやめましょうね!

公式のQ&A

今回のトークンセールで獲得済みSwiftを売れる?

いいえ、今回のトークンセールは、Swift通貨の購入のみです。

Swiftを購入するには、ETH(イーサリアム)が必要ですか?

はい、イーサリアムでのみSwift通貨の購入ができます。

入力事項を間違えてしまいましたが、どうすれば?

SwiftDemandの公式サイトのコンタクトフォームからお知らせください。

トークンは購入しなければいけませんか?

Swiftがたくさん欲しい場合のみご購入ください。

SwiftDemand公式サイト