日本円をリップル(XRP)にするには?リップルを一番安く買う方法も!

シェアする

取引手数料が安く、2018年1月に市場総額がビットコインに続き2位になっているリップル。

リップルを買いたい!という方に、安く購入できる方法をご紹介します。

参考:現在の日本円とリップルの交換レートと計算機

リップル Ripple【XRP】とは?特徴と人気の理由
リップルは、アルトコインの中でも時価総額ランキング上位に入っている有名な仮想通貨です。 今回は、初心者にもわかりやすいリップルについて...

bitbankで日本円をリップルに

リップルを購入したいのですが、現在仮想通貨の市場は「ビットコイン」が基軸通貨になっています。

つまり、すべての通貨はビットコイン建てになってしまっているということです。

しかし、その中でも日本円を直接リップルにできる取引所があり、それが「bitbank.cc」なのです。リップルを一番安く買いたいなら、bitbankからの購入がオススメです。

bitbank.ccに日本円を入金

具体的な方法をご紹介します。

bitbankに登録して、本人確認が終わっていると、日本円の入金が可能になります。

bitbank.cc

上部メニューから「入出金」を選択します。

bitbankで日本円の入金方法

日本円の「入出金」ボタンをおします。

ビットバンクで日本円の入金

ビットバンクでは、公式の銀行口座が住信SBIネット銀行になっています。この銀行口座へ振り込みます。

ビットバンクへ日本円を銀行送金

ほかの銀行からでも可能ですが、住信SBIネット銀行を使えば、振込手数料が無料になります。私も住信SBIを使っていますが、口座を作っておくことをオススメします!

住信SBIネット銀行

振り込み処理をネット銀行からすれば、約30分でビットバンクに着金します。

日本円を使って、リップル購入

bitbankに日本円が振り込まれたら、上のXRP/JPY(リップルと日本円)を選択。

リップルと日本円

リップルと日本円のレートなどが見られるようになるので、右側から「買い注文」をします。

リップルの成行注文と指値注文

上の画像にもあるように、bitbankを使うと、リップルの板買い(指値注文、成行注文)ができるようになります。これが他の取引所ではできないところ。

指値注文の方が安く買える可能性が高いのでオススメしますが、指値注文と成行注文の違いはこちらの記事を参考にしてください。

板買い・成行注文・指値注文を使う、オトクなビットコインの買い方。
まずは、ビットコインを買ってみましょう…って言われるけどなぜ? いろんなサイトや仮想通貨を教える塾で「まずはビットコイン」はよく言われ...

bitbankは取引所なので、一番安く買える!

79920173 - concept of "ripple" a cryptocurrency secured chain. digital money

今回リップルの購入をbitbank.ccからやることをオススメしたのは、bitbankは日本で唯一のリップル取引所だからです。

取引所と販売所の違いは以下の記事を参照していただきたいのですが、安く買いたいのであれば「取引所」一択です。

取引所と販売所の違いは?仮想通貨売買でどう使い分けたらいいの?
暗号通貨取引所と暗号通貨販売所、いったい何が違うの? 私も、最初この2つの違いがわからなかったので、今回は初心者目線でわかりやすく解説...

多くの取引所では、ビットコインの取引はできますが、リップルをbitbankのように「板買い」できる日本の取引所はありません。

ぜひコインチェックに慣れている方も、リップルの購入にはbitbank.ccを使ってみてください!

リップルをbitbankで安く買う