板買い・成行注文・指値注文を使う、オトクなビットコインの買い方。

シェアする

まずは、ビットコインを買ってみましょう…って言われるけどなぜ?

いろんなサイトや仮想通貨を教える塾で「まずはビットコイン」はよく言われていることです。

なぜ初心者にはビットコインがいいのか、どう買うとお得に買えるのかをご紹介します。

ビットコインを買う理由

ビットコインを買うのがオススメな理由は、大きく分けて3つあります。

  • 仮想通貨の基軸通貨で、アルトコインを買うために必要だから
  • もっとも安定して伸びていくであろう銘柄だから
  • どの取引所でも扱っていて、板買いでオトクに買えるから

一つずつ、わかりやすく解説しますね。

アルトコインを買うために必要だから

初心者にビットコインをオススメする一つ目の理由は、今後アルトコインを買うのに必要だからです。

アルトコインというのは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。

種類は1300種類以上あると言われていますが、実際に価値が認められているのは100種ほど。

そして、アルトコインは日本円で買えないものが多いのです。

ではどのようにアルトコインを買うかというと、

  1. 日本円でビットコインを買う
  2. ビットコインでアルトコインを買う

という2ステップを踏む必要があります。

日本円で買えないアルトコインは、ビットコインで購入することができます。まずビットコインを買うのを勧めるのは、「ビットコインが他の仮想通貨を買うのに必要だから」という理由があるわけです。

もっとも安定して伸びていくであろう銘柄だから

仮想通貨はたくさんの種類がありますが、その中でも元祖といえばビットコインです。

もちろん一つの通貨なので、相場の変動はあります。

しかし、「長期目線で見た時に右肩上がりに上がる通貨は、やはりビットコインになる」と仮想通貨のご意見番の方たちの考え方は一致しています。

仮想通貨のおすすめ「買い銘柄」ランキング【初心者必見】
2017年現在、仮想通貨の種類は全世界で1300種類以上あると言われています。 これは、仮想通貨の根幹技術である「ブロックチェーン」と...

どの取引所でも売っていて、お得に買える

ビットコインを買う理由は、「どこでも売っていて、板買いができる」というのがあります。(板買いの意味と方法については記事の後半で)

初心者の方は、アルトコインやICOに注目してしまうと、迷いが出てしまいどれを買えばいいのかがわからなくなってしまうと思います。私もそうでした^^;

実はアルトコインは板買いできる取引所が非常に少ないです。しかし、ビットコインはどこの取引所も板買いができます。板買いでビットコインが買えるというのをわかりやすく言うと、ビットコインは一番お得に手に入れられる仮想通貨ということです。

初心者はシンプルにビットコインを買って、まず体験してみるのをオススメしたいと思います。

ビットコインは取引所で、板買い

ビットコインの購入方法は、「暗号通貨取引所」と「暗号通貨販売所」の2か所があります。

取引所と販売所の違いは?仮想通貨売買でどう使い分けたらいいの?
暗号通貨取引所と暗号通貨販売所、いったい何が違うの? 私も、最初この2つの違いがわからなかったので、今回は初心者目線でわかりやすく解説...

ビットコインの買い方でオススメなのは、取引所で板買いするという方法です。

板買いとは?

取引所の板買い

板買いとは、買いたい人と売りたい人が、欲しいビットコインの量と価格を「板」に書き込んで、マッチングが成立したら取引ができるという方法です。

お店から買うのではなくて、買いたい人と売りたい人が値段を交渉できる取引手法です。

板買いは、取引手数料を最も安くできる買い方です。

取引所には、板買いに「成行注文(なりゆきちゅうもん)」「指値注文(さしねちゅうもん)」があります。

今回は、Coincheckの画面を使って、この二つの方法でビットコインを買う方法をご紹介します。

ビットコインは必ずPCから購入する

メニューからトレードビューを開く

板買いは、スマホからできないようになっています。

ビットコインを買う時にはパソコンでやるのをオススメしますが、もし持っていなければスマホかタブレットのブラウザ(SafariやChromeなど)からアクセスしてください。

メニューからトレードビューをひらくと、成行注文と指値注文ができるようになります。

成行注文の方法

Coincheckで成り行き注文

成行注文(なりゆきちゅうもん)の「買い注文」とは、「日本円●●円の予算で、すぐにビットコインを買ってください」、という注文を出すことを言います。

すぐに注文が確定するので、早く欲しい時に使うといい買い方です。

成行注文の「売り注文」も出すことができ、これは「●●BTCを、すぐに売って日本円にしてください」、という注文のことです。

指値購入の方法

Coincheckで指値注文

トレードビューの「注文」は、書いてはいませんが「指値注文(さしねちゅうもん)」のことです。

買いの指値注文とは、「1BTCが●●円になったら、●●BTCを買ってください」、という注文を出すことを言います。

売りの指値注文とは、「1BTCが●●円になったら、●●BTCを売ってください」、という注文を出すことを言います。

買いの指値注文をどんな時に使うかというと、「今のレートでは買いたくないけど、もう少し安くなったら買おうかな?」という時に使います。たとえば、現在1BTCが200万円でちょっと高いから、1BTCが160万になった時に0.005BTC買おうかな?という具合です。

売りの指値注文はその逆で、「今のレートでは売りたくないけど、もう少し高く買ってくれる人がいるなら売ろうかな?」という時に使います。

指値注文の指示を出しておけば、相場が変動した時に自動的に「売り/買い注文」を出してくれるので、長期目線での運用に向いています。オトクに購入しやすいのも、指値注文の特徴です。

ビットコインの買い方まとめ

ビットコインを買っておけば、アルトコインも自由に購入できるようになります。ビットコインは、仮想通貨初心者がはじめて買うのに適している通貨ということでした。

そして、ビットコインを買う時には必ず「板買い」することで、手数料を抑えてお得に購入するというテクニックをご紹介しました。

今回紹介した「成行注文」や「指値注文」は、相場の世界でよく使われる言葉ですが、はじめての方は是非覚えてお得に取引してみてくださいね。