GACKTさんの仮想通貨スピンドル「ミッシングピース」に参加しない3つの理由

スピンドル(SPD)

シェアする

去年から話題になっているGACKTさんも加わっているICO、スピンドルってどうなの?

今回、スピンドルの発行を受けて「ミッシングピース」というプロモーションが始まりましたが、なんだかよくわからないですよね。

スピンドルやミッシングピースのオファーについての個人的な考え方を書いてみます。

スピンドルとは?

スピンドルは、大物歌手や実業家として有名なGACKT(ガクト)さんが参画する暗号通貨です。

カンタンなスピンドル(SPD)トークンのプロフィールはこちら。ホワイトペーパー(計画書)は、公式サイトから見られます。直接リンクはこちら(PDF)

  • 通貨名称
    • スピンドル
  • 通貨単位
    • SPD
  • 総発行量
    • 10,000,000,000SPD(100億SPD)
  • 上場予定
    • 2018年5月以降
  • 発行国・発行団体
    • 日本(Black Star &.co.inc)
    • イギリス(Black Star Capital ltd)
  • 通貨タイプ
    • ERC-20(イーサリアム上の形式。詳しくは…ERC20とは?

最初はICO(新規仮想通貨公開)として公開される予定です。

ミッシングピースとは?

ミッシングピースは、仮想通貨の一銘柄である「スピンドル」のICO用プロモーションの名前です。

公式ページを見ると、ガクトさんやスピンドルという単語が無いのでわかりづらいのですが、メールアドレスを登録して全貌を確認すると、スピンドルのオファーだということがわかります。

私自身はICOに挑戦することもありますが、今回のスピンドルに参加しない3つの理由があります。

参加しない理由①計画が難解

とりあえずどんな内容なのかは各自で確認した方がいいと思います。

プロモーションに参加すると、「スピンドル」がどんな仮想通貨なのか、なぜ超資産家のGACKTさんがスピンドルに参戦しているのかがわかるようになっています。

しかし、ビットコインやリップルなどの「古参通貨」と比べると、内容が難しすぎるので、今のところ私は納得がいっていない状態です^^;

今後プロモーションの進行とともに全部のネタバレが来たら、買いだと判断するかもしれないですが…。頭のいいGACKTさんはこの内容全体が理解できるということでしょうか(笑)

参加しない理由②世界的な需要に欠ける

スピンドルはYahoo!ニュースでも取り上げられ、GACKTさんのネームバリュー加わったICOで、日本中に注目されているようです。

しかし、日本だけで注目されているから成功するか…というとそうでもない気がします。一応公式サイトは英語と中国語、そしてロシア語による情報が見られますが。

世界的にスピンドルの需要が発生すればいいのですが、今のところ日本だけで盛り上がっているような仮想通貨だと思っています。ということは世界的な需要には欠けるということ…。

やはり今市場規模の大きくなっている「長期投資用の通貨」の方が需要があると感じます。

参加しない理由③安定しない

ICOに参加した経験からわかったのですが、短期的には収益が盛り上がるものの、長期的に安定するかというと少し疑問です。

今のところ、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を買うにしても市場規模の大きいイーサリアムリップルの方が安定感があります。

これらの通貨はすぐに10倍とかにはならないにしても、ゆっくり資産価値が上がっているので、私はこういう通貨をガチホ(長期保有すること)で資産を増やしたいと思っています。

GACKTさんのスピンドルとICOのまとめ

今回は、GACKTさん「推し」のスピンドルの購入プロモーションの紹介をしました。

一見サイトを見てもわかりづらいですが、メールアドレスを登録でGACKTさん自身がスピンドルを推している理由を説明してくれます。

気になる方は、プロモーションだけは無料なので参加してみるのもアリかもしれないですね。

(私は今のところスピンドル購入予定が無い、プロモーションだけ参加組です)