仮想通貨の用語解説【初心者編】

暗号通貨用語解説

シェアする

仮想通貨や暗号通貨の世界に飛び込んできたときに、「目にはするけどよくわかっていない…」という用語をわかりやすく解説しています!

解説している用語は↓コチラの目次を参照して、わからないところを読んでみてくださいね。

取引所とは?

ポートフェリオのイラスト

取引所とは、仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせる場所のことです。

有名な取引所だと、coincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)、zaif(ザイフ)などがあります。

イメージでいうと、ヤフオクやメルカリなどに似ています。ヤフオクやメルカリのサービスも「取引場所の提供の対価として手数料をとる」という形で利益を上げていますが、仮想通貨の取引所も「取引時の手数料」をとることで儲けています。

取引所には、下に書かれている「ウォレット」がセットになっています。

口座(ウォレット)とは?

ビットコインの金庫のイラスト

ウォレットとも呼ばれる口座は、仮想通貨をしまっておく場所です。身近のイメージだと「銀行」や「お財布」のことです。

もともと仮想通貨には実体がないので、データを保管しておく場所…ということになります。

取引所には口座がついているので、取引所で保管してもらうことも可能です。初心者はあまり深く考えずに、取引所に置いたままでもいいと思います。

それ以外にも、個人用ウォレットオフラインウォレットなどで仮想通貨を安全に保管することも可能です。

仮想通貨のウォレットの種類と特徴とは?使うメリットとデメリット
仮想通貨は、取引所や販売所で手に入れられますが、ウォレットに入れることも可能です。 取引所や販売所には、ウェブウォレット(WEB上で見...

トランザクションとは?

トランザクションのイラスト

トランザクションとは、仮想通貨の取引という意味です。

仮想通貨の心臓部である「ブロックチェーン」の仕組みを使った取引になるので、トランザクションという難しい言葉が使われています。

トランザクションにはいくつもの行程があって、すべてが完了すると仮想通貨取引が完了します。今までの貨幣のやり取りや、銀行間でのデータやり取りと比べて、ブロックチェーンを利用した取引の仕組みがあまりにも「完璧・安全」なので、世界が仮想通貨に注目しています。

マイニング(採掘)とは?

マイニングのイラスト

マイニングには採鉱・採掘と言った意味です。

仮想通貨の世界で使われるマイニングの対象は、ビットコインなどの暗号通貨です。マイニングとは、文字通り暗号通貨を地中から掘るわけではなく、ブロックチェーンの暗号解読作業を(自動で)代行することです。

かなりの時間・金銭コストがかかりますが、その報酬として暗号通貨が発掘される(もらえる)という仕組みです。

暗号通貨の採掘作業は、たくさんのスーパーコンピュータによって行われます。世界にはいくつもの「暗号通貨採掘場」がありますが、その一つが下の画像のような場所です。

bitcoin採掘所

この中にはたくさんの自作のスーパーコンピュータがあり、専用のマイニングソフトウェアがインストールされます。

bitcoinマイニングの為の自作スーパーコンピュータ

大量のコンピュータの消費電力はすさまじく、最近では「ビットコイン発掘のために電力不足になる」というくらい問題になっています。上のビットコイン採掘所ではソーラーパネルを大量に使うことで対策しているようです。

マイニングマシンを使って、ブロックチェーンの暗号をひたすら数学で解いていく作業を続けているのが「マイナー(採掘者・採掘業者)」です。

分裂(ハードフォーク)とは?

ビットコインの車

分裂(ハードフォーク)とは、今まであった仮想通貨のルールを変えるときに使われる言葉です。

旧仮想通貨の銘柄と、新仮想通貨の銘柄の間で互換性が無くなるのが「ハードフォーク」と呼ばれています。互換性があるのは「ソフトフォーク」と呼ばれます。

例えばビットコインとビットコインキャッシュで分裂があったときは、ビットコイン所持者はかなり心配になりました。「ビットコインは使えなくなるのではないか?」「ビットコインキャッシュの価値はどうなるんだ?」などですね。

結果的にビットコインの分裂は無事に成功して、ビットコインと分裂後に生まれたビットコインキャッシュのどちらも価値が上がっています。

この分裂は今後も起こりうることで、仮想通貨のレートが大きく変化するポイントになる出来事です。分裂について早めに知っておけば、相場の変動を察知することができるようになります。

ICOとは?

仮想通貨のレートが上がっているイラスト

ICOとは、Initial Coin Offeringの頭文字です。意味は「新規仮想通貨公開」です。

たとえば、「極秘ICOの情報が入ってきました」などの表現で使われます。

新規通貨公開って何…?どんなメリットがあるの?ということなのですが、これは新しい会社ができる時に「株」を発行するのに似ています。

新しい会社ができるときには、

  • どんな会社なのか
  • どんなことをしてくれるのか?
  • どんな商品を販売しているのか?

などの情報を元に、その会社の「株の価値」を出します。できたてホヤホヤの会社にはまだそこまでの「価値」がついていません。

その後、その会社が信頼できる会社であったり、他で見たことのない魅力的なサービスを作っていたら、株の価値は上がります。

最初に持っていた「株の価値」と、会社の成長後の「株の価値」は変わっていて、株を売ると高く売れるようになります。

同じように、ICOも、できたてホヤホヤの仮想通貨の価値は安いので、新規通貨の時期に買っておきます。その銘柄が頑張ってくれると、価値は上がります。価値が高くなった後に売れば、かなりのリターンを期待できる!というわけです。

実際の例だと、今や最も有名なビットコインも、最初は1BTC=1ドルほどでした。日本円では100円くらいです。しかし通貨発行から8年後、1BTCの価格は日本円で200万円になっています。

ICOの状態の時に将来性を見極めて通貨を所持しておけば…、最初に投資した額の2万倍に増えるわけですからね。笑いが止まらなくなるかもしれません(笑)

ICOの総合情報は、COINJINJAというサイトを参考にしてください。

トークンとは?暗号通貨と何が違うの?

ICOの情報を見ていると、「トークンを所持していると…」というような表現をよく目にします。

トークンは、要するに新しく発行されている仮想通貨(コイン)のことだそうです。後からわかってきたのですが、新しい通貨は「ERC-20」という技術を使って発行されていて、ERC-20を使って発行されている仮想通貨を「トークン」と呼んでいる傾向が強い気がします。

ERC-20とは?【ICOやトークンの仕組みがよくわかる!】
ICOのホワイトペーパーなのでよく見る「ERC-20」。仮想通貨をもっとよく知って安心な取引をしたい方は、この記事でERC20についての理解を深めてくださいね。

人気のあるトークンとして

などがあります。

つまり、COMSAトークン=COMSAコイン、Binanceトークン=バイナンスコインという理解で大丈夫です。