仮想通貨のウォレットの種類と特徴とは?使うメリットとデメリット

ウォレットの種類と特徴

シェアする

仮想通貨は、取引所や販売所で手に入れられますが、ウォレットに入れることも可能です。

取引所や販売所には、ウェブウォレット(WEB上で見られる仮想通貨のお財布)がセットでついていますが、仮想通貨を他のタイプのウォレットに入れておくメリットとデメリットもご紹介します。

一番はウォレットごとに保管の安全性が変わるので、安全性に注目しながら読んでみてください。

仮想通貨のウォレットは5種類

ウォレットには大きく分けると2種類あり、「ホットウォレット」と「コールドウォレット」と呼ばれています。

  • ホットウォレット…ネットに繋がっているウォレット
  • コールドウォレット…ネットから切り離されたウォレット

という感じです。この2種類のウォレット細かく分類すると、ウォレットの種類は5種類確認できています。

  1. ウェブウォレット/オンラインウォレット(ホットウォレット)
  2. デスクトップウォレット(コールド/ホットウォレット)
  3. モバイルウォレット(コールド/ホットウォレット)
  4. ハードウェアウォレット(コールドウォレット)
  5. ペーパーウォレット(コールドウォレット)

Zaifやbitbank.ccなどの「暗号通貨取引所」の口座開設をすると、ウェブウォレット(オンラインウォレット)もセットで手に入れられます。

少しの額だけだったら、取引所のウォレットだけでも問題ないと思います。

しかし、多額のお金を扱っている場合、もしもの時に備えて他のウォレットに仮想通貨を入れてリスク回避をする人もいます。

それでは、5つのウォレットにはどんな特徴があって、どう使い分ければいいのかを分かりやすく解説しますね。

各ウォレットの特徴から見るメリットとデメリット

ウェブウォレット(オンラインウォレット)

coincheckのウォレット

コインチェックのオンラインウォレット

取引所の口座開設をすると、手に入るウォレットです。

  • 特徴
    • 取引所や販売所の口座開設をすると手に入る
    • 取引所のウォレットは、取引所で扱っている通貨しか入れられない
    • ネットに繋がれば、どこでも残高が見られ、利用できる
    • 送金も簡単
  • こんな風に便利です
    • 初心者はまずウェブウォレットで仮想通貨が簡単に手に入ります
    • 今はどこでもネットに繋がるので、みんなに使われているウォレットです
  • 心配な点
    • 取引所のウォレットは、万が一取引所が倒産した時に無くなってしまう可能性
    • オンライン上のウォレットなので、アカウントハッキングに遭う可能性がある

95%くらいの方はウェブウォレットを使えればいいと思います。安全性については、日本の有名銀行に預けておくのと同じくらいのレベルです。

ハッキングなどについては、自分ではどうしようもない部分もあるのですが、なるべく安全性の高いパスワードを設定したり、2段階認証を設定することで、リスクを減らせます。

デスクトップウォレット

Bitcoin Coreというビットコイン用デスクトップウォレット 画像出典:bitcoin.org

デスクトップウォレットは、あなたのパソコンにインストールするタイプのウォレットです。

  • 特徴
    • WindowsやMacのパソコンにソフトウェアをダウンロードします
    • パソコン上に仮想通貨を保管できます
  • こんな風に便利です
    • 取引所が破産しても、オンライン上でハッキングされても、無関係
    • 自分のパソコンにハッキングされない限り、安全
    • あなたのパソコンにデータがあるので、ネットが無くても使える
  • 心配な点
    • 万が一パソコンが壊れたりウィルス感染すると非常に危ない
    • パソコン上に仮想通貨の情報が入るので、データ容量を食う
    • ソフトウェアが入っているPCでしか使えない

安全性については、あなたがペイントソフトで描いた絵の保管と同じくらいのレベルです。

イーサリアムの保管用の「マイイーサウォレット」というのは、このデスクトップウォレットに近い働きをしています。

はじめてMyEtherWallet(マイイーサウォレット)を使ってみた
イーサリアムの保管ウォレットとして有名な「マイイーサウォレット」を使ってみました。 というのも、ICOに挑戦するにあたって、「日本の取...

モバイルウォレット

iOSのbreadwalletというモバイルウォレット

モバイルウォレットは、iOSやAndroidのアプリを使うウォレットです。

  • 特徴
    • 持っているスマホがウォレットになります
    • スマホがお財布と化します
  • こんな風に便利です
    • スマホ1台だけで完結するウォレットなので、面倒くさくない
    • PCを持っていない人でも、簡単に使える
  • 心配な点
    • スマホを紛失したら、お財布を無くすのと一緒
    • スマホにロックをかけておかないと、中の仮想通貨が盗まれるかも?

安全性については、電子マネーの保管と同じくらいのレベルです。

モバイルウォレットは、一番「普通の財布」に近いところがあると思います。あと、電子マネーの使用方法にも近いので、仮想通貨が身近に感じるウォレットです。

多額の通貨保存には向かないですが、日常使用するくらいの通貨を入れておく使い方ができそうです。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットのTREZOR(トレザー)

ハードウェアウォレットとは、USBなどの端末に保存するタイプのウォレットです。代表的なネットから切断された「コールドウォレット」です。

  • 特徴
    • モノとして保存できるウォレットです
    • 仮想通貨は見えませんが、ハードウェアウォレット自体は見えて、触れられます
  • こんな風に便利です
    • USBウォレットの場合、USBを無くさない限り安全です
    • PCと別々に保存できるので、ハッキングやウィルス感染も少ないです
    • 長く保存するときに、気持ち的にも安心
  • 心配な点
    • USBを無くしたり、盗まれたりしたらアウト
    • 火事や水害などで、USB自体が壊れてもアウト

安全性は、国家の機密情報が入ったケースの保管と同じレベルです。(しかしボディーガードがいるわけではないので、保管は自己責任)

ハードウェアウォレットは、多額の仮想通貨を保有している人が、ウェブウォレットのお金を保存しておく方法として使われています。

たとえば1億をネット上に保存しておくのが心配なので、ハードウェアウォレットに入れて自宅保管しておく…という感じですね。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットの画像解説

ペーパーウォレットを作成できるbitaddress.org

ペーパーウォレットは、紙に残高を記載しておくタイプのウォレットです。アナログなコールドウォレットです。

  • 特徴
    • 紙に仮想通貨用の文字列やQRコードを印字します
    • 残高変更はできませんが、ハッキングや漏洩のリスクはゼロです
    • ペーパーウォレットの保管は、紙幣の保管と一緒のイメージ
  • こんな風に便利です
    • 長期保存したい時に、ペーパーウォレットにしておく
    • パソコンと切り離されたウォレットなので、デジタル面のリスクはゼロ
  • 心配な点
    • ペーパーウォレットが燃えたり、盗まれたりしたらアウト
    • 印字した内容が、経年劣化で読めなくなったらアウト
    • 秘密鍵を忘れると、永遠に復元できない

安全性については、ダヴィンチとかピカソの絵画の保管レベルです。(盗まれる・燃えるなどに耐性はゼロ)

今までも、貴重な資料が紙ベースで保管されてきましたが、同じようにあなたの持つ仮想通貨の残高を紙に印字して保管しておくことができます。

ただ、リスクにも書いたように「紙を無くす・燃えてしまう・印字が読めなくなる」などの欠点もあります。ハッキングやウィルス感染をしないという安心面もありますが、リスクも考えたうえで使い分けたいですね。

使い分け方:ウェブウォレットで開始、その後は…

仮想通貨ウォレットのイメージ画像

一番メジャーな使い分け方をご紹介します。

暗号通貨取引所の口座開設をすると手に入る「ウェブウォレット」をベースにします。

もし、取引所に多額のコインを保管しておくのが心配な時は、ハードウェアウォレット(USBウォレット)に移動させます。USBウォレットへの移動が一番手軽ですし、セキュリティ面も安心です。保有資産が1000万以上の方は、ここまでやっています。

USBウォレットに多額のお金を保存するのもアリですが、自分で長期保存したい時にはペーパーウォレットにも印字して、自宅の防火金庫などに入れておくといいと思います。(さすがに現在そこまでやっている人は少ないです。資産が1億以上の時にはこちらで)

今回は初心者向けとは言っても、いろんな仮想通貨の保管形態をご紹介しました。

基本的に1000万円以下の資産であれば、取引所のオンラインウォレット(口座開設をするとセットでもらえる)に入れておけば、問題ないでしょう。

まず登録するべき、仮想通貨の取引所オススメランキング
仮想通貨を手に入れるために「仮想通貨取引所(暗号通貨取引所)」に登録する必要がありますが、私自身も登録してみた取引所のオススメランキングを4...