仮想通貨って怪しい?実際に起こっている「詐欺」に気を付けて!

暗号通貨は怪しい

シェアする

仮想通貨による「詐欺」が増えているようです。

みんなが興味を持っている話や、知識がないところには必ず怪しい話が出てきます。

今回は、「仮想通貨って怪しいの?」というところや、実際にある「仮想通貨詐欺」のキケンについてご紹介します。

仮想通貨って怪しい?

まず、「仮想通貨が怪しい」という考え方を無くしましょう。

これはどういうことかというと、「ドルって怪しい」とか「日本円って怪しい」と言っているのと一緒だからです。

ドルや日本円は確かに「国の発行している通貨」なので、その国に対してある程度の信頼があれば、怪しいとはなりませんよね。

でも、もしかしたら「中国元は怪しい」というのはあるかもしれません。中国ではATMから出てくるお札が偽物だった!というようなニュースもありましたしね。

でも、現実を見てみると中国元は世界の通貨の中でも3位の時価総額です。他のランキングを書いてみると、このようなランキングになっています。

  • 1位…アメリカ「ドル」
  • 2位…ヨーロピアン「ユーロ」
  • 3位…中国「元」
  • 4位…日本「円」
  • 5位…インド「ルピー」
  • 6位…仮想通貨「ビットコイン」

怪しい、危ない、と言われているような「中国元」が3位に入っていることに驚かれるかもしれないのですが、それと同時にビットコインが時価総額の6位に入っているのは本当に驚きです。

なんと、仮想通貨の代表的な銘柄である「ビットコイン」は、法定通貨のTOP5に入りそうな勢いでみんなに価値が認められている通貨なのです。出典:Bitcoin Now Worth More Than All UK Pound Banknotes & Coins In Circulation

上の記事によると、既にビットコインはイギリスの通貨「ポンド」(8位)を抜いている時価総額です。ビットコインの価値は「イギリスポンド」より高い、ということです。

「怪しい」というメンタルブロックを外そう

ここまでのデータが揃っている時点で、仮想通貨が怪しい、という話はもう忘れた方が良さそうです。

怪しい、危ない、という考え方は、例えて言うならば…飛行機が空をたくさん飛んでいるのを見ているのに「あんな鉄の塊が空を飛ぶなんて信じられん!ワシは乗らん!」と言っているのと似ている状況です。

飛行機が大量生産されたときに、こんな考え方の人がいたかは謎ですが(笑)

仮想通貨に関係する詐欺の例

しかし、仮想通貨自体に怪しい要素が無くても、暗号要素を取り巻く環境に怪しさや「詐欺」があることは事実です。

どんな怪しい話があるのか、少しご紹介しましょう。

仮想通貨投資を教える塾

代表的なのは、「仮想通貨投資で楽に稼がせてあげるよ!」とうたう「塾」の類です。

これはかなり慎重に選ぶ必要があって、塾代を払ったのに全く独自のノウハウを教えてもらえなかった…というような話も聞きます。

もしくは、以前はその手法で仮想通貨投資ができていたかもしれないけど、今は通用しないよ…というような内容です。

こういった仮想通貨の塾は高額であることも多いので、偽物の塾に引っかからないように注意したいところです。

仮想通貨投資コミュニティ

仮想通貨投資塾に似ていますが、若干性質が異なるのが「情報交換コミュニティ」です。

これも慎重に属するコミュニティを決定する必要があります。

仮想通貨は、現在法的整備が整っていないので、あなたも聞いたことがあるかもしれない「インサイダー取引(打ち合わせて不正に価格を釣り上げる行為)」も行われやすい環境があります。

コミュニティ内でインサイダーを行ってみんなお金儲け!みたいな話もあるのですが、このコミュニティに留まり続けるには月●万円払わないといけない、などの制約もあります。

インサイダーを行って全員稼げればいいのですが、

  • 必ず成功するわけではない
  • そのコミュニティで正しい取引が行われる確証がない

という状態で、いわば騙し合いの環境に身を置くことにもなってしまいます。

「簡単に稼げる」「全員100%稼げる」というような話は、疑ってかかったほうがいいです。

信頼できる情報筋からの紹介であれば、ある程度信頼はできると思うので、まずは「稼げる額」より「信頼性」を見るようにしましょう。

仮想通貨のコミュニティ系の情報記事一覧はこちら

仮想通貨で稼げるツール

ツール系の情報、これも仮想通貨投資関連で非常に多い「詐欺情報」です。

「あなたはツールを起動しておくだけで、毎日3万!」とか「ツールが全部自動で取引をしてくれます」というツール系の話です。

ツールでの取引というのは、可能と言えば可能です。

株やFX(外国為替証拠金取引)などでも、ツールでの取引が行われていますし、今はAI(人工知能)を使った取引で稼いでいる人も多いです。(ツールを使う取引を、システムトレードと言います)

しかし、仮想通貨市場は今のところFXで使われる自動取引ツールで予測できない動きをしています。投資家の中でもレートの上下を読めない人が多数で、結局は上に書いた「インサイダー取引」のような取引を行うことにより、値段を上下させています。

つまり、「資本金を大量に持っている人の力量でどうにでも動いてしまう」というわけです。

ツールや人工知能ではその相場の上下を予想できないので、常に「勝てる」という確証は得られません。

仮想通貨・暗号通貨・ビットコインに関係するツールは毎日のように新しいものが出ていますが、「ツールを使えば100%」なんて言うことはないので気をつけましょう。

100%稼げるのであれば、ツール作成者の人が一人で独占して使うのがベストで、「売る」必要性がないですからね。

仮想通貨詐欺に注意!のまとめ

仮想通貨自体に怪しいところはないことがわかりましたが、仮想通貨詐欺は存在するということでした。

仮想通貨の仕組みがこれからどう活用されていくかによって、仮想通貨の価値も上下していくということを覚えておきましょう。そして、「確実に稼げる」と言った言葉に騙されないように注意してくださいね!