仮想通貨の始め方 | 今から暗号通貨投資を始める方法!

暗号通貨を簡単に手に入れてみよう

シェアする

仮想通貨を始める=仮想通貨投資を始めてみたい、と考えておられると思います。

というのも、私自身も「仮想通貨って稼げるらしいよ」という話を聴いて、仮想通貨に興味を持ったからです(笑)仮想通貨の使い道はほかにもありますが、いまなら投資目的が一番旬ですね。

「仮想通貨が怪しい…」と思っている方も、「とりあえず始めたい」と思っている方も、3STEPで始める仮想通貨の始め方を参考に、仮想通貨の世界を味わってみてくださいね。

初心者でもカンタン!仮想通貨を始める3STEP

簡単さをウリに、3ステップに分けてみました。

  1. 仮想通貨取引所に「登録」する
  2. 仮想通貨取引所に「入金」する
  3. 仮想通貨を「購入」する

具体的に、ひとつずつ紹介していきますね。

仮想通貨投資の始め方

仮想通貨取引所に登録する

今、あなたの手元には「日本円」があると思います。その日本円をコンビニやスーパーに持っていけば、食べ物や飲み物を買うことができますよね?

今回は「仮想通貨」を手に入れたいのですが、残念ながらコンビニやスーパーでは売っていません。

そこで、「仮想通貨取引所」という、仮想通貨がズラッと並ぶ「お店」に入店できるように準備しましょう。

このステップは、一度登録作業を終えてしまえば同じことをしなくてもいいので、とりあえず紹介する通りの方法で登録してみてください。

ちなみに、登録は無料で、仮想通貨を購入する段階まで一切お金はかかりません。

コンビニやスーパーに入って品物を眺めているだけで、お金が請求されることがないのと一緒です。「レジ」に持っていくことで始めて支払いになりますよね?同じように、「仮想通貨取引所」に登録するだけではお金がかからないので、安心して進めてみてください。

今回紹介する「Zaif(ザイフ)」という取引所は、日本の会社で、仮想通貨取引所の中でも国から正式に認められている取引所です。その理由から、初心者が安全に使えるサービスだったのでご紹介しています。

参考までに、ザイフ以外に私自身が登録している取引所は、次の記事にまとめています。

まず登録するべき、仮想通貨の取引所オススメランキング
仮想通貨を手に入れるために「仮想通貨取引所(暗号通貨取引所)」に登録する必要がありますが、私自身も登録してみた取引所のオススメランキングを4...
以前はこの記事はコインチェックに登録しましょう、ということだったのですが、2018年1月のコインチェック騒動を受けて、Zaifもしくはbitbank.ccをオススメさせていただいています。記事内容はCoincheckの画像などが使われていますが、Zaifへの登録方法はほぼ一緒ですので、以下の順序に沿って仮想通貨をはじめてみてください。

国認定の取引所「Zaif」に登録①アカウント作成

Zaifの公式サイトから、「Facebookアカウント」もしくは「メールアドレス」で登録できます。

Zaif(ザイフ)

コインチェックのトップページ

必要事項を入力して、登録を押します。

国内最大手の取引所「Zaif」に登録②アカウント認証

登録すると、本当にそのメールアドレスがあなたのものなのかの認証作業を求められます。

Thank you for creating an account with Coincheck.

このメールは英語なのですが、中にあるURLを1回タップすればOKです。

successful login to your coincheck account

タップすると、確認作業が取れたことを知らせるメールが届きます。

以上で、アカウント自体は作成できました。

しかし、あと一つ「本人認証」というものが必要になります。仮想通貨はお金なので、本当に信頼できる人でしか取引ができません。もし本人確認が嫌…ということだと、仮想通貨の世界には入ることができません(-_-;)

考え方としては、銀行口座を作る時に本人確認が必要なのと一緒です。コインチェックのサイトは個人情報が暗号化されていて安全なデータ通信が可能なので、安心してくださいね。

国内最大手の取引所「Zaif」に登録③本人確認

coincheck本人確認

日本人の場合は「免許証」「国民健康保険証」「パスポート」などをカメラで撮影してアップロードするだけですぐに認証作業ができるので、続けてやってしまいましょう。

その他必要な情報としては、

  • 居住国
  • 氏名(フルネーム)
  • カナ氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 職業
  • 利用目的

などです。すべての情報は誰にも公開されないので、安心して本人確認を進めてくださいね。

仮想通貨取引所に入金する

アカウントを作成し終えたら、早速代表的な仮想通貨「ビットコイン」を購入したいと思います。

しかし、どのように「仮想通貨取引所」というお店で仮想通貨を買えるのでしょうか?

まず、仮想通貨取引所に日本円を「入金」する必要があります。

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード決済
  • コンビニ入金

があるのですが、手数料を考えると「銀行振り込み一択」だと思います。クレカとコンビニ入金は手数料がすごく高いので、よほど急ぎでない場合は銀行振り込みにしましょう。

銀行は、

  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行

があるので、どちらかの口座があれば、振込手数料が無料になります。私はSBIネット銀行の口座を持っていたのですが、やはりネット銀行の口座は持っておくと便利です。

パソコンからの入金の場合

パソコンからの入金は、アプリで入金とほぼ変わりません。

メニューから入金を選択

上部メニューから「入金」を選びます。

コインチェックの入金方法

コインチェックの銀行情報をチェックして、こちらに振り込みます。

私の経験だと、インターネットバンクで入金した場合30分以内に反映されます。

仮想通貨を購入する

coincheckに日本円が入ったら、あとは日本円を使って仮想通貨を買うだけです。

ここまでできてしまえば、1000円札を使ってコンビニのおにぎりを買うくらい簡単です。

入金された日本円を使って、仮想通貨取引所で欲しい仮想通貨を買ってみましょう!

※重要な追記:コインチェックを使う場合、ビットコインの購入時だけは絶対にPCやブラウザからやってください!アプリを使うと、手数料が高く取られるので絶対に損です。

coincheckで仮想通貨を買う
  1. 左上の「三」をタップ
  2. コイン購入をタップ
  3. 欲しい仮想通貨の銘柄と、数量を入力。日本円でいくらかの金額を確認。
  4. 購入完了。「取引履歴」に日本円が減ったことと、仮想通貨が増えたことが表示される。

たったこれだけです。アカウント作成と入金が終わっていれば、仮想通貨を購入するのはすぐにできます。

今回はビットコインを買ってみましたが、もちろん他の銘柄の仮想通貨も今後価値が上昇することが考えられます。それを買っても面白いかもしれないですね。

しかし、初心者が一番最初に買うのであれば、元祖仮想通貨のビットコインを買ってみるのがオススメです。

仮想通貨購入初体験のまとめ

今回は、まったく仮想通貨を買ったことがなくても「Coincheck(コインチェック)」という取引所を使って、とりあえず仮想通貨を手に入れられるという内容でした。

投資家の間でも、将来仮想通貨の相場がどのように変化していくかは完全にはわかっていません。

しかし、例えば今から少額の仮想通貨を保持しておけば、1年後、2年後に10倍、100倍、1000倍になっている可能性もあるのが仮想通貨の魅力です。

仮想通貨に将来性を少しでも感じたら、今回の記事を参考に少額から仮想通貨取引を体験してみてくださいね。

仮想通貨を始めてみる