酒井公坊さんのICOクラブとクリプトピースクラブ最新情報

酒井公坊クリプトピースクラブ

シェアする

当サイトでも何度かご紹介している、仮想通貨の情報コミュニティ「ICOクラブ」ですが、募集を4月17日(火)23:59でストップするようです。

今回は、ICOクラブの後継コミュニティ「クリプトピースクラブ」についてもご紹介いたします。

ICOクラブの入会は2018年4月17日まで!

上でも書いていますが、ICOクラブに加入しようか迷っているとしたら、入会期限は2018年4月17日(火)23:59までとなります。

今後の募集がいつになるかはわかりませんが、もしかしたら入会の価格が若干アップするかもしれないので、そのあたりは覚えておくと良さそうです。

現在は1年間で約5万円という価格で入れることになっています。

詳しくは、ICOクラブ会員募集サイトをご覧ください。(2018年5月15日現在、クリプトピースプロジェクトというLINE限定のサービスになっています。登録はLINEからのみですので、ご注意ください。)

ICOクラブ(現クリプトピースクラブのプロジェクト)は正式入会できないので、2018年5月現在入会できるのは以下に書いている「ICOの窓口」のみです。

参考までに、当サイトで書いてきたICOクラブ関係の記事をまとめておきます。

加入前で悩んでいるときの記事▽

酒井公坊さんのICOクラブに入ろうか悩んでいる方へ【暗号通貨PPS】
酒井公坊さんが主催する「ICOクラブ」のオファーを知って、 果たして信頼できるのだろうか… 本当に稼げるんだろうか… ...

加入を決意した時の記事▽

酒井公坊さんのICOクラブゴールドメンバーになってみた
酒井公坊さんのICOクラブに、早速入会してみました。実際のところICOクラブに入ってみてどうなの?というファーストインプレッションをご紹介します。入会しようかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。質問にも答えていきたいと思います。

ICOクラブで数か月活動した後の記事▽

ICOクラブの評判が気になる!入会してよかった・わるかった体験談
酒井公坊さんのICOクラブに入ってしばらく経ちましたが、良い点も悪い点も色々見えてきました。 入会したての記事はこちらです。▽ ...

今までICOクラブで紹介されてきたICOを全部まとめてみました。▽

【ICOクラブ】過去に紹介されたICO案件を全紹介!上場後の相場は?
2017年の年末に酒井公坊さんの「ICOクラブ」に入会しました。 優良ICO案件を紹介してくれて、そのプレセールで仕込んでおくことで価...

名称は「クリプトピースクラブ」に

ICOクラブは、4月17日で募集を締め切りますが、今後は「クリプトピースクラブ(Crypto-Peace-Club)」という名称に変更になるようです。

活動内容は今までと変わらないですが、今までがICOをメインにしていたのが、仮想通貨関連の情報を総合的に発信するコミュニティになるようです。

クリプトピースクラブに変更の背景は?

ICOクラブ、という名前だと、どうしてもICO専門で、今現在基軸通貨になっているビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の情報などが発信されないようなイメージがありますよね。

そのイメージを払拭して、仮想通貨の信頼できる情報を総合的に扱うために、クリプトピースクラブの変更を決定したようです。

主体となっているのは、現在と同じ酒井公坊さんで、セミナーや勉強会などは今と同じかそれ以上のペースで計画をしているようです。

この半年くらいでICOクラブのメンバーも2倍以上になっていて、5000人以上の仮想通貨投資集団になっています。

もちろん巨大資産を持つ投資家などにはかないませんが、クリプトピースクラブのメンバーの投資資産を合わせるだけで、少なくとも数十億のお金になっています。今後は、総合的な仮想通貨情報をシェアすることで、グループ内で着実に稼いでいくことになりそうです。

類似コミュニティについて

ICOの窓口

私は最近知ったのですが、「ICOの窓口」というコミュニティが現ICOクラブと似たプロモーションを行っているようです。そして、2018年5月現在正式に入会できるのは「クリプトピースクラブ」ではなく、このICOの窓口のみです。

メインで活動されている方は、山本有花(やまもとゆか)さんという古参のトレーダーです。

このICOの窓口は、入会金が税込5万と、クリプトピースクラブ(旧:ICOクラブ)と比べると若干安い値段設定になっています。

それでも、公開される情報はコミュニティの管理者軍団がしっかりと精査して取捨選択しているようなので、信頼感があります。(クリプトピースクラブと同じ案件が紹介されることもあれば、違うICOが紹介されることも)

どちらかというと、ICOの窓口の募集ページの方が女性や高齢者も入りやすいクリーンなイメージがあるので、クリプトピースクラブと比較して選ぶといいかもしれません。

ICOの窓口の詳細はこちら

実際に募集ページを見てみると、仮想通貨初心者にもICO初心者にも分かりやすく丁寧に解説されているので、ICOの窓口のページを見るだけでも投資の勉強になります。

クリプトピースクラブへ改名のまとめ

今回は、ICOクラブが4月17日で募集をいったん締め切ること、そして新しくクリプトピースクラブとして生まれ変わることをご紹介しました。

クリプトピースクラブの募集時に会費がどれくらいになるかはわかりませんが、一般的には値上げをすることが多いと思います。

この記事と、ICOの窓口の募集ページなども参考に信頼できる仮想通貨情報のコミュニティを選んでいただけたら嬉しいです。

もしこの記事や仮想通貨関連のギモンがありましたら、気軽に記事下からコメントいただけたらと思います。