ブロックチェーンの仕組みは?仮想通貨の理論を知りたいあなたへ

ブロックチェーンとは?その仕組みとは?

シェアする


ブロックチェーンって、よくわからない…。

私が家族や知人に仮想通貨の仕組みや投資対象に最適な理由を説明しても、なかなか難しいようです。

今回は、仮想通貨を語るうえで絶対に知っておいた方がいい、ブロックチェーンの仕組みを、「考え方」としてスグわかるように解説してみたいと思います。

ビットコインに価値が出る仕組みが「ブロックチェーン」

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは何ものかを一言で言うと、「公開台帳理論」ということになるようです。

21世紀最大の発明ともいわれるブロックチェーンは、ナカモトサトシという人(グループ?)によるたった9ページの短い理論です。

その原文は、英語ですがこちらから読めます。bitcoin.pdf : https://bitcoin.org/bitcoin.pdf
※日本語訳は、こちらから読めます。https://coincheck.com/blog/292

ブロックチェーンの技術で、ビットコインがある

そんなの読むの面倒くさいし、読んでもわからない…。

私も同様で、「公開台帳の理論」とか言われてもよくわかりません。(笑)

ただ、ブロックチェーンの仕組みを説明しないといけないので、それを一言で言うと、「ビットコインに価値を持たせるプログラム」です。

それってどういうプログラム?という質問に答えるために、一つの身近なたとえで理解してみましょう。

共通認識=ブロックチェーン

今、あなたのお財布の中にある日本円。

 

これは、日本銀行が発行したお金です。日本人口は約1億3千万人ですが、1億3千万人すべてが「日本の円は日本で使えるお金です。」と答えると思います。

では次に、あなたも「モノポリー」というボードゲームをやったことがあると思います。

 

モノポリーをやる時に、「日本円」は使わないと思います。

モノポリーのお金って、モノポリードルだっけ?

そうです。ゲーム内専用のモノポリードルを使って、ボードゲームで遊びますよね。ゲームのプレイヤーの中で「モノポリーをやる時にはモノポリーのお金を使って遊ぶ」と自然に認め合っていると思います。

モノポリードルは、普通の世界では使えないですが、モノポリーの中では使えるということを認め合っています。

このみんなの共通認識をプログラムで表しているのが、ブロックチェーンの仕組みです。

ビットコインをみんなで認めるということ?

そうです。ビットコインの場合は「ビットコインをいつもの生活で使えるようにしよう」というのをブロックチェーンの仕組みで認めていることで、ビットコイン自体に現実世界での価値が出てきています。

今ビットコインの値段が上がっているのは、みんなが認めているから?

その通りです。この考え方に同意する人が増えれば増えるほど、ビットコインの値段が上がります。

ブロックチェーンはこの「認める作業」を大銀行のプログラム以上に「簡単に」「安全に」「素早く」実行することができる技術です。

「認める作業(承認作業)」のことは、「採掘(マイニング)」と言います。これは高性能のコンピュータを使った、途方もない暗号解読作業のことです。人間がやるには不可能で、高性能なコンピュータを用意した人だけができる作業です。
この「採掘(マイニング)」については別の記事で解説します。

ブロックチェーンの仕組みとあなたの関係は…?

ビットコインはブロックチェーンの仕組みを使っています。

ブロックチェーン=みんなが認めること、ということでした。

これがビットコインとあなたでどんな関係があるかというと、ビットコインを持った時点であなたが1人の銀行家、というのをみんなが認めることになります。

ブロックチェーンのネットワークは自己責任

銀行家になるってどういうこと?

一人の銀行家になる、というのは、ビットコインの管理は完全に自己責任になるということです。

今まで世界のどの国でも、「銀行」や「両替人」が通貨の管理をしていましたが、ブロックチェーンの仕組みの中では通貨の管理人は「ビットコインの所持者」になります。

ブロックチェーンを使えば、知らないうちに他の人が、「あなたの持っているビットコインに価値があると認めますよ」と言ってくれます。

この自己責任は、どんな時に問題になるの?

ブロックチェーンを使うことで、他の人からビットコインの所持を認めてもらえますが、同時に「送金を間違ってしまいました!」や「ビットコインの所持を証明する通帳を無くしました!」などの言い訳が通用しなくなる、ということです。

普通の銀行だったら、送金間違えのチェックをしてもらえますし、通帳を無くしても再発行してもらえますからね。それは銀行がある程度の責任を負ってくれているからです。

でも、ブロックチェーンでは一人一人が銀行家。責任は100%自分なんです。

ブロックチェーンの仕組みのまとめ

ブロックチェーンの仕組みをまとめると、

  • ブロックチェーンとは「みんなで認める仕組み」
  • ビットコインはみんなで使える通貨、と認めている
  • ブロックチェーンの仕組みを使うと、一人一人が銀行家になる

ということになります。

ブロックチェーンは理論をプログラムにしたものなので、技術的な話をすると本当に難しくなってしまいます。

ビットコインを使う際に今回のブロックチェーンという仕組みを覚えておくと、今後のビットコインや仮想通貨の先行きが見えてくるので、勉強してみるのをオススメいたします。

技術的なことを知りたいのであれば「ブロックチェーン・レボリューション」という書籍、より簡単な仕組みについて動画で知りたい方は、「マジック・マネー」というドキュメンタリービデオなどがわかりやすいと思います。