USI-TECH(ユーエスアイテック)とは?デメリットから見る特徴

USI-TECHとは

シェアする

1週間くらい前に投資家の渡部純一氏がUSI-TECH(ユーエスアイ・テック)というシステムを紹介されていて、私も気になっていました。

完全自動でビットコインが増える??と半信半疑だったのですが、今加入しているICOクラブでUSI-TECHが取り上げられていたので、早速利用してみることにしました。

今回は、USI-TECHとはなにかわからない方から、USI-TECHを始めるまでのギモンに経験談からお答えしていきます。

USI-TECHとはなんぞや?

usi-techとは?

USI-TECHは、ユーエスアイ・テックと読みます。知らない時はウシテックと読んでいましたが違うようです(笑)

USI-TECHを一言で言うと、「ビットコインを預けておくだけで自動取引してくれるシステム」です。

もう少し踏み込むと、「預けたビットコインが140%になるまで自動取引してくれる仕組み」です。10万円分のビットコインを預けたら、自動的に14万円にして返してくれます。

私もそうなのですが、「預けておくだけで取引なんて怪しすぎる…」とお感じになるのももっともだと思います。自分自身、始める前は半信半疑で、よくわかりませんでした。

実際に利用してみてわかった、利用した方がいい人・利用しないほうがいい人をまとめてみました。

USI-TECHを利用した方がいい人

  • 仮想通貨取引所でビットコインを購入したままになっている人
  • 短期でビットコインを増やしたい人
  • 仮想通貨の相場にビクビクしたくない人

USI-TECHを利用しない方ががいい人

  • ビットコインを持っていない人
  • ウォレットにビットコインがあれば満足な人
  • 自分でレート変動を予測してトレードできる人

もし「USI-TECHを使ってみた方がいいんじゃないか?」と思った方は、USI-TECHのデメリットとメリットを知っておくと、サービスの特徴がわかると思います。

デメリットとメリットから見る、USI-TECHの特徴

  • デメリット
    • USI-TECHのシステムにビットコインを送金するのに手数料がかかる
    • ビットコイン自体に暴落が起きると、短期的にはマイナスになりえる
    • ビットコインにしか対応していない
  • メリット
    • 取引所のウォレットに置いておくより「攻め」の投資ができる
    • 時間やスキルが無くても、短期トレードに参入できる

デメリットとメリットを簡単に取り上げましたが、少し踏み込んでこの理由を解説しますね。

デメリット①手数料

USI-TECHは、利用するのにあなたの持っているビットコインをUSI-TECHに預ける必要があります。

具体的には、たとえばコインチェックで口座開設をしていた場合、コインチェックに付属の仮想通貨ウォレットから、USI-TECHに付属のウォレットに送金する必要があります。

この時に、コインチェックのウォレット⇒USI-TECHのウォレット、と違うウォレットに送金するので、ビットコインの送金手数料というものがかかってきます。

現在のレートでは、1送金に約2000円ほどかかってしまいます。細かい送金を繰り返すと、ビットコインの送金手数料だけでかなりマイナスになってしまいます。

これはビットコイン自体の仕組みなのでしょうがないですが、USI-TECHに参加したい時に送金手数料がかかってしまうのはマイナス点だと言えます。

デメリット②ビットコインの暴落

USI-TECHは、最新AIを使ったビットコインのトレードシステムなので、自動でビットコインを増やせるとはいっても、特別なことをしているわけではありません。

短期トレードによって、利益をつくり、その利益分で追加のビットコインを購入するような仕組みです。

ということは、ビットコインに大規模な暴落が起こり、そのレートが万が一回復しなかった場合は、USI-TECHを使ってもビットコインが増えることは期待できないということです。

しかしこの場合は、「どんな方法を使ってもマイナスになる」ということなので、仕方がありません。覚えておきたいのは、ビットコインは短期的な暴落はするものの、全体として右肩上がりで長期投資ならリスクはかなり抑えられるということです。

デメリット③ビットコインのみ対応

USI-TECHのデメリットなのですが、ビットコインしか対応していないことがあります。

今はリップルやイーサリアムなどの通貨も高騰しているので、これらのアルトコインに対応すればさらにUSI-TECHを利用する強い動機になるかと思います。

しかし、ビットコインは仮想通貨の基軸通貨(法定通貨で言えばアメリカドル)なので、比較的安定した投資対象なのかなと思っています。

ビットコインとは?特徴と人気の理由を解説します!しかし心配点も…
仮想通貨=ビットコイン。 そういってもおかしくないくらい、ビットコインには人気があります。 今回はビットコインとはなにか?特徴は...

メリット①攻めの投資ができる

続いてメリットの方です。

取引所で何かしらの仮想通貨を購入している場合、長期目線で見れば右肩上がりなので、半年後や1年後にはお金が増えていることが実感できると思います。

たとえば10万円でビットコインを買った場合、1年後に少なくとも2,3倍くらいになっている可能性があります。日本円の10万円が仮想通貨投資で20万・30万になっているということです。

しかし、もっと短期で利益を出したいのであれば、買ったビットコインをウォレットに入れて眠らせておく以上に「攻め」の投資が必要です。

USI-TECHはこの攻めの投資ができる1つの方法です。

メリット②短期トレードができる

攻めの投資、の一つの方法が「短期トレード」なのですが、一般の人には手が出しにくいところがあります。

理由は、

  • 1回の取引の手数料だけでマイナスになってしまう
  • 相場が読めなくて高いところで購入してしまう
  • 損切などのテクニックを知らず、損してしまう
  • 相場の上下が気になって夜も眠れない
  • 1日の間でトレードに使う時間がもったいなく感じる

というように、短期トレードには「スキル」や「経験」、そして「時間」が求められます。そのため、私も短期トレードはやっていなくて、今まで手が出しづらい場所でした。

しかし、USI-TECHを使うことでこの悩みが解決。本当に預けておくだけで、資産140%増加を確約してもらえるのです。

具体的なUSI-TECHの内容・仕組み

プログラム面での説明は難しくなるので、USI-TECHを使うことで利益が出る仕組みをご紹介します。

  • USI-TECHは「パッケージ」での購入。1パッケージは50ユーロ。
  • 相場変動によって、流通パッケージに制限が入る
  • 自動取引の仕組みを使って、預けられたビットコインを短期売買
  • 利益が出た分を確約し、「含み益」から「確定利益」に
  • 「確定利益」によって追加のビットコインを購入し、資産を増やす

という感じです。

簡単に言えば、「安く買って高く売る」を自動的にやってくれるということです。

こういった自動取引のシステムはあらゆるところにあるのですが、USI-TECHの特徴は、世界一利用者が多いということです。(80か国以上、70万人が利用)素人の作ったシステムやコミュニティとは違うということです。

USI-TECHの登録方法と注意点

それではUSI-TECHに登録する方法を簡単にご紹介します。登録は無料で進められますが、本気でUSI-TECHを使って資産を増やすときには、USI-TECHにビットコインを送金する必要があります。

USI-TECH公式サイトへアクセス

下のボタンから、USI-TECH公式サイトにアクセスします。日本語対応しているので、安心してくださいね。

USI-TECH公式サイト

「今すぐ登録」を選択。

USI-TECH今から登録(無料)

登録情報入力の注意点

USI-TECH登録手続き

  • ファーストネーム:名前のこと
  • Country Phone Code:日本の国番号は81
  • Mobile Phone Number:携帯電話の最初の0を抜いて書く

全部入力したら、一番下のEnroll(登録する)を選択。

Enroll(上の情報で登録する)

確認メールが届きます

メールアドレスを確認してください

Enroll(登録する)を押すと、入力したメールアドレス宛にメールが届きます。

Click here verify your email(クリックしてメールアドレスを検証する)を選択。

USI-TECHからの登録確認メール

もしうまく開けなかったら、Copy and Paste below(以下の文字列をコピペ)をアドレス欄に貼り付けます。

すると以下の画像のように無事に登録が完了し、USI-TECHのマイページにアクセスできるようになります。

USI-TECH登録完了画面

USI-TECHにログイン

先ほど設定したメールアドレスとパスワードでログインします。

USI-TECHのログイン画面

パッケージ購入時の注意点

早速、USI-TECHを使ってビットコインを増やす作業に入ります。

マイページのメニューから「Package Options(パッケージ選択)」「Place Order(オーダー)」を開くと、2つのメニューが出てきます。

USI-TECH購入

ここでUSI-TECHを使う上での注意点。

  • 左側には「BTC Package(ビットコインパッケージ)」
  • 右側には「Token Package(ビットコインパッケージ)」

このように2種類の購入プランがあります。

  • BTC Package…140日間でビットコイン資産を140%に増やす
  • Token Package…USI-TECHオリジナルの「TECHコインの購入」

という意味です。

ビットコインを増やしたいのであればBTC Package、ICOコインであるTECHコインを購入したいのであればToken Packageを選択するといいですね。

私はビットコインを増やしたかったので、BTC Packageを選択しました。

購入

購入したいパッケージ数を入力し、PURCHASE(購入)。ちなみに、最低購入金額は50ユーロ分のビットコイン価格です。

USI-TECH-PURCHASE

最後に、USI-TECHにビットコインを送金する必要があります。

送金手数料に気を付けて!

この段階で購入はできるのですが、できればある程度大き目の金額を送金した方が手数料的にお得です。

なぜなら、現在ビットコインの送金には0.001BTCの手数料がかかるので、送金費用が非常に高いのです。

USI-TECHに送金する場合はどうしてもこの金額がかかってしまいます。ビットコインの送金手数料を安くする記事も過去に書いているのですが、USI-TECHに送金する際はこの裏ワザが使えず…。

そんなわけで、なるべく送金回数を減らすしか手数料を安くする方法がないのです。

それを踏まえて、送金手続きです。

USI-TECHにBTCを送金

上の画像のように、取引専用の暗号鍵(文字列)とQRコードが出てくるので、既に持っているビットコインを送金しましょう。

コインチェックを使っている場合は、QRコードを読み込むと便利です。

USI-TECHの仕組み稼げる?のまとめ

usi-tech-logo

今回は、ユーエスアイ・テックにビットコインを預けることで、自動的に資産を140%に増やす方法をご紹介しました。

仮想通貨取引所に置きっぱなしになっているビットコインを有効活用する一つの方法なので、ぜひ今回の記事を参考にUSI-TECHの利用を検討してみてください。

USI-TECHに登録するところまでは無料なので、とりあえずどんな様子かだけでも見ておくのもいいかもしれないですね!

USI-TECH公式サイト