イーサリアム Ethereum【ETH】とは?特徴と人気の理由

イーサリウムのロゴ

シェアする

イーサリアムは、仮想通貨の市場で以前から人気があるアルトコインです。

今回は、イーサリアムの通貨についてよくわかる記事です。

イーサリアムとは?

実は、イーサリアムは「通貨」と思われていますが、仮想通貨の名称はイーサーと言います。表記は「ETH」を使います。

それではイーサリアムは何かというと、スイスにあるイーサリアム財団の進めているプロジェクトの総称なんですね。

専門用語で言うと、イーサリアムはブロックチェーンの仕組みを使った分散アプリケーションを開発・実行するためのプラットフォーム…だそうで、何のことやらですね(笑)

難しいところは置いておいて、そのプラットフォーム内で使われている内部通貨が、イーサー(ETH)です。

覚えておいた方がいいことを書いておくと、

  • イーサリアムは、仮想通貨
  • 通貨の正式な名前はイーサー(ETH)
  • 仮想通貨として使う時もイーサリアムという単語を使うことが多い

というところは押さえておきましょう!

イーサリアムの最大発行量は?

ビットコインと違い、イーサリアムには通貨の最大発行量が決められていません。

これが今後どう影響するかはわかりませんが、最大発行量が決められている通貨と比べると変化しやすい市場になる可能性が高いですね。

参考:現在発行量を見る(Circulating Supplyの値)▽

https://coinmarketcap.com/currencies/ethereum/

イーサリアムクラシックとは?

少し脱線してしまいますが、イーサリアムには「イーサリアムクラシック」という通貨があります。

これは、2016年まで使われていた旧イーサー(旧ETH)のことです。

2016年に大規模なハッキング被害に遭ったイーサリアムは、プログラムのアップデートを行い、新しいバージョンをイーサリアムに、旧バージョンをイーサリアムクラシックとして残しています。

イーサリアムクラシックは、以前のイーサリアム、ということです。Coincheckで扱いがあります。

イーサリアムの特徴

ハテナのイラスト

それでは、仮想通貨の一つであるイーサリアムの特徴を解説します。

イーサリアムはプラットフォーム??

上の「イーサリアムとは?」との所に書いたのですが、イーサリアムはプラットフォーム…といわれています。

プラットフォームと聞いてもあまりなじみがないですが、日本語に直すと「土台」や「基盤」といった意味があります。

何の土台なのかというと、パソコンのプログラムを開発する土台

イーサリアムの仕組みを使うと、誰でもプログラムを開発できるようなのです。

使ったことはありませんが、イーサリアムのプラットフォームは「EVM」と呼ばれていて、これは「Ethereum Virtual Machine」という意味です。簡単に言うと、ブロックチェーンの仕組みを使ってイーサリアムは世界のコンピューターを繋げようとしているわけです。

世界のコンピューターの一部として、イーサーという仮想通貨を発行しているということになります。

ビットコインよりも柔軟なプログラム

ビットコインはブロックチェーンの仕組みを「通貨」や「決済システム」だけに使っている通貨です。

そのため、拡張性があまりないというマイナスポイントがあります。

しかし、イーサリアムはプログラム開発を前提に作られているので、その中で使うイーサー(ETH)はビットコインよりも拡張性があると言われています。

拡張性に欠けるが完成されているビットコイン、柔軟でオプションがいろいろつけられるイーサリアム、というところでしょうか。

これも一長一短なのですが、イーサリアムの通貨の特徴となっています。

スマートコントラクトって?

イーサリアムの特徴の中で、スマートコントラクトという独自の仕組みがあります。

スマートコントラクトが何かというと、仮想通貨の取引に契約情報を付け加えることができるオプション機能です。

スマートコントラクトがあると、ただの仮想通貨の取引だけでなく、重要な契約もイーサリアム上で行えるので、不正な契約が結ばれにくくなります。

特に高い買い物をする時や、誰かと重要な契約を結ばなければいけない時に、第3者の立ち合いが不要で正式な契約を結ぶことができることになります。

それで、今後イーサリアムは、個人間の正式な契約シーンでも役に立つと予想されています。

イーサリアムの人気と将来性

人が道を進んでいく写真

イーサリアムは、2015年にマイクロソフト社と契約したことで有名になりました。

世界トップの企業で、みんなが使うWindowsを開発しているマイクロソフトがイーサリアムのバックについているわけです。

この巨大な後ろ盾があるので、イーサリアムはビットコインに次ぐ価値がある仮想通貨と見られていて、人気が出ています。

マイクロソフト以外にも、トヨタ自動車や三菱UFJなどの日本の大企業もイーサリアムを支援する企業団体に所属しています。この企業団体はエンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)と呼ばれています。

通貨機能だけではなく、契約情報も同時に扱えるので、確かに銀行の取引などに応用が利きそうですよね。そういった面で将来性があるようにも思えます。

イーサリアムまとめ

仮想通貨のレート画像

イーサリアムについてのまとめです!

  • イーサリアムのプラットフォームで使われている通貨がイーサー(ETH)
  • イーサリアムにはビットコインにはないオプション機能がつけられる
  • イーサリアムには、マイクロソフトなどの大企業がついているので人気

要点は3つです。覚えやすいですね(笑)

現在のイーサリアムの価値は…(リアルタイム情報)

ethereum price

イーサリアムは、コチラで紹介しているすべての取引所で購入可能です。

まず登録するべき、仮想通貨の取引所オススメランキング
仮想通貨を手に入れるために「仮想通貨取引所(暗号通貨取引所)」に登録する必要がありますが、私自身も登録してみた取引所のオススメランキングを4...