【取引所】コインチェックの特徴と使っている理由。使用の際の注意点は?

コインチェックを使う理由

シェアする

コインチェックから580億円近い仮想通貨が盗まれてしまった問題で、セキュリティの問題が浮き彫りになりました。現状、使わない方がいい(むしろ使えない)取引所です。現在は国から業務改善命令も出されている大きな事件になってしまいました。

当サイトの「仮想通貨の始め方」で、まず一番最初にCoincheckに登録してみましょう、とオススメしているCoinchck。

なぜCoincheckが初心者にやさしいのか、なぜオススメなのかをわかりやすく解説します。

coincheck(コインチェック)

Coincheckの特徴

コインチェックの特徴としてBad面とGood面を考えてみましょう。

悪い点(Bad…)

  • 取引手数料が比較的高め
  • チャットが活発なゆえに、危険性も…。

Coincheckで悪いところといえば、取引手数料が他社と比べて高め…というのがまず思いつきます。

実際に使ってみると、買う時には「高め」で、売る時には「安く」売られてしまいます。

ただ、仮想通貨トレードの場合は、手数料がすぐに回収できるくらい相場の変動があるので、手数料の高さは大きなデメリットにならず、Coincheckを使う人が多いのかもしれません。

取引手数料の安い取引所は?

Zaifbitbank.ccは、取引時の手数料が-0.005なので、取引をたくさんするほどお得になっています。

もう一つ悪い点といえば、コインチェックのチャットは日本一活発です。読めないほど大量のチャットが流れてきます。

この中に、まれにフィッシングサイトへのURLが張られていたりします。

これはコインチェック側の問題ではないのですが、日本一情報量のある仮想通貨情報のチャットだけに、内容には気を付けましょう。

良い点(Good!)

  • 登録が早く、早くはじめられる
  • サイトが使いやすい、見やすい。アプリも使いやすい
  • 扱っている通貨が将来性のあるものばかり
  • 価格アラートが便利

Coincheckには良い点がたくさんありますが、この中で私が特にいいなと思うのは、サイトが見やすいところと、価格アラートがついているところです。

初心者にもわかりやすい使用感なので、はじめて仮想通貨を始める方でも、直感的に使いやすいと思います。

また、価格アラートは「レートが●●円になったらメールか電話してね」と指定できる仕組みで、安く買ったり高く売ったりするときに便利な通知機能です。

Coincheckは、日本の暗号通貨取引所の中で一番アルトコイン(ビットコイン以外の通貨)の取り扱いが多い取引所です。

Coincheckのオススメな使い方

さて、使いやすいCoincheckですが、ブラウザからの利用を強くオススメします。

なぜかといえば、

Coincheckアプリでビットコインを買うと「販売所」からの購入になってしまう

ということです。

ブラウザ(SafariやChrome)からビットコインを購入する時には、「取引所」での購入になり、安く買ったり高く売ったりできます。しかし、アプリからの場合は「販売所」のみとなり、取引手数料が高くなってしまいます。

取引所と販売所のメリット・デメリットについてはこちらの記事を参考に▽

取引所と販売所の違いは?仮想通貨売買でどう使い分けたらいいの?
暗号通貨取引所と暗号通貨販売所、いったい何が違うの? 私も、最初この2つの違いがわからなかったので、今回は初心者目線でわかりやすく解説...

仮想通貨取引所のCoincehckまとめ

今回の記事をまとめると、

  • 取引手数料は最安値ではない
  • 初心者でも使いやすい取引所
  • 可能な限りパソコンやブラウザから取引する

といった内容でした。

扱っている通貨も一番多いということで、最初に登録するのにオススメなCoincheckでした。

最近では2段階認証も必須になり、セキュリティ面のアップデートも充実していて、安心して使える取引所だと思います。

まだ開設していない方は、今からでも十分間に合いますので口座開設をしてみてくださいね。

コインチェック無料口座開設