Binance(バイナンス)はどんな仮想通貨取引所?特徴と口座開設方法

バイナンスの特徴と口座開設

シェアする

海外の取引所で大手…と聞かれたら「Binance(バイナンス)」になるかと思います。

今回は、バイナンスはどんな仮想通貨取引所なのかの特徴まとめをご紹介します。

バイナンスとは?

バイナンスは、「世界一の暗号通貨取引高」のある香港に本社を置く仮想通貨取引所です。(多くのサイトでは中国と書いているけど間違い。サーバーは韓国と日本にあります。)

ずっとBITTREX(ビットレックス)というアメリカの取引所が一番だったのですが、2017年末、バイナンスが世界一に躍り出ました。

あ、ちなみにbitFlyer(ビットフライヤー)が世界一なのは、ビットコインの取引量世界一、ということです。

バイナンスの特徴

  • 香港の仮想通貨取引所(中国政府の管轄下ではない)
  • 取引金額の量は世界一
  • 取り扱い仮想通貨銘柄100種類以上
  • 日本語対応
  • ハードフォークに対応
  • 取引手数料が低い
  • 取引所専用の通貨「BNB」がある

バイナンスが他の取引所と最も異なっているのは、取り扱い通貨の多さですね。ICO(新規仮想通貨公開)がすぐにバイナンスに上場してくるので、急に値上がりする仮想通貨を購入することができます。

この特徴を踏まえて、バイナンスに登録しておいた方がいい3つの理由を解説します!

バイナンスに登録するべき3つの理由

登録中止になることも…

世界中の人が集中して登録しているので、最近はすべての人が登録できるわけではないようです。順番待ちのようになっています。

あらかじめ登録だけしておくと、いざという時に使えます。今が登録できるタイミングだったら登録だけでもしておいた方がいい取引所です。

バイナンスコインに対する期待

取引所独自の通貨、バイナンスコイン(BNB)。バイナンスが世界一の仮想通貨取引所になっていて、利用者がどんどん拡大しているので、バイナンスに対する期待が高まっています。

その結果、BNBも右肩上がりに価値がついている銘柄になっています。この期待値からも、BNBを買うためにバイナンスに登録する人もいるくらいです。

ICOの上場先になりやすい

ICOが上場してくるので、価格が上がる前に仕込むことが可能になっています。

低価格の時に買っておいて、高くなったところで売るという定番の「キャピタルゲイン」を得やすくなっているのも、バイナンスに登録しておいた方がいい理由です。

バイナンスの口座開設登録方法

公式サイトにアクセスします。(2018年1月現在、登録者殺到につき、もしかしたら登録できないかもしれません)

Binance(バイナンス)公式

上部の「Register(登録)」か、画面中央の「Create Account(口座開設)」を選択。どちらでもOKです。

バイナンス公式サイト

必要情報は、

  1. メールアドレス
  2. 自分で決めたパスワード
  3. Referral Code:11399370

の3つです。入力したら、Register(登録)を選択。日本の取引所より簡単です。

バイナンス登録情報

バイナンスへのログイン方法

バイナンスは、若干特殊なログイン方法で、機械的なアクセスを防いでいます。それがこちらの「パズルのピースでロック解除」です。

バイナンスのパズルピース

Please fit the puzzle piece carefully…パズルのピースをはめてね。という感じです。

少しわかりにくいのですが、パズルの下にある左右のバーをずらすことで、ログインロックを解除できます。

2段階認証

バイナンスの二段階認証

バイナンスには二重認証もついています。二重認証は、iOSとAndroidに対応している「Google Authenticator」を使います。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

こちらのアプリをスマホにダウンロードして、お使いください。(無料)

大人気の大手海外取引所

Binance(バイナンス)は、この数か月で日本人の利用も増えましたが、もともと英語や中国語に対応していることから日本人以外もたくさん取引をしています。

取引所にトレーダーが多いことによるメリットとしては、高速に取引ができるところにあります。

売りたいけど買い手がいない…とか、買いたいけど売り手がいない…という問題がバイナンスには非常に少ないと言えます。

ぜひ日本の取引所を開設した後には、バイナンスの開設もしてみてください。

バイナンスを始める